タロット「教皇」の正位置・逆位置の意味、相手の気持ちは?

▼このページの構成(クリックするとジャンプします)

「教皇」正位置の意味
「教皇」逆位置の意味
 プロの占い師に3500円無料鑑定してもらう方法

教皇のカードでは中心にいる教皇、教皇の前の二人の聖職者、そして教皇の後ろの二つの柱で数字の「5」を表していると解釈されています。教皇は皇帝と違って霊的な世界も司ることから、宗教的な観点で物事を判断したり、裁きを下したりします。

女教皇と違って書物(TORA)を持っていないことから、書物によらず自分の聖性によって人々へ倫理や道徳を教授し、周囲から信頼や尊敬を集めているのが教皇の特徴と言えるでしょう。

教皇のカード自体には慈悲、尊敬、優しさ、思いやり、自信、規律の遵守などがあげられ、周りの人々の声を良く聞き、人々から崇められる存在であることを意味しています。

教皇の正位置が意味するものと推測される相手の気持ち

教皇のカードが正位置で出た場合は広い視野や落ち着いて物事を見る態度が、良い流れを掴むポイントとされています。両思いの人の場合は良いお付き合いをしているはずです。お見合いであることも多く、お付き合いを始めて順調に二人の仲が進展している様子を表しています。

周囲から祝福されるのも、この教皇のカードの場合には多く、相手はあなたとの関係を大切に思っており、これからも愛を深めたいと考えています。ですから相手を大切にし、信頼して関係を続けていくことこそが、両思いの人のとるべき行動です。

片思いの人の場合は、相手はあなたに対してとても信頼しており、時には兄妹のような関係でいることに心地良さを感じているかもしれません。恋愛関係に発展させるためには誠実に対応しつつ、きちんとした態度で相手へ気持ちを伝えると好印象となって良い結果をもたらすでしょう。

教皇の逆位置が意味するものと推測される相手の気持ち

教皇の逆位置の場合は束縛や不信感、独りよがりなどを表しているので注意が必要です。両思いの人の場合はあなたに対して不信感を抱いている可能性があります。最近自己中心的な行動や相手を傷つけるような言葉を浴びせていませんか?まずは自分の態度を改めて、相手に対して誠実に対応するようにしてみてください。

相手との距離をとって、気持ちを落ち着かせることも重要です。片思いの人は、相手はあなたに対して恋愛感情を持っていない可能性があります。今の状況でしばらく接してみて、もし関係に進展がないのであれば、あっさり次の相手を探してみた方が、自分の気持ちもすっきりとして良いでしょう。