タロット「女教皇」の正位置・逆位置の意味、相手の気持ちは?

Bと描かれた柱とJと描かれた柱の前に白いベールをつけた高貴な女性が座っている姿を表しているのがタロットカードの女教皇です。Bは「ボアズ(闇)」を、Jは「ヤヒン(光)」を表しており、白いベールをつけていることから聖職についている処女を意味していると言われています。

カトリックでは女性が司祭以上の高い位につくことはありえないので、この女性は反ローマ教皇を表しているとも解釈されています。手には「TORA」と呼ばれる旧約聖書を持っていることから、この女性は高度な知識を持っていると解されており、女教皇は知識や高貴さ、高潔さ、聡明などを表すカードとされています。

女教皇の正位置が意味するものと推測される相手の気持ち

女教皇が正位置で現れた時は知性、聡明、満足、安心感など、知的な充足感を雰囲気として持っていると捉えてください。女教皇が正位置で出た場合の相手の気持ちは、あなたの事をとても知性的な人だと捉えています。近づいて話してみたいけど、頭が良さそうで近づきがたいと躊躇しています。

両思いの人の場合は相手はあなたの事を信頼し、とても安心して付き合える人だと認識しています。目立った行動をとるよりも、一緒にゆっくり過ごしたいという感じで、二人で落ち着いて過ごす方を好んでいるようです。そのため結婚願望はまだ無さそうですが、二人の関係を大切にしていきたいと望んでいます。

片思いの人の場合はあなたの事をプライドが高い人だと誤解している可能性があります。聡明で話しかけづらいなと思っていますから、あなたは相手にもっとフランクに話すように心がけて、相手にとっての敷居を下げてあげるように努力してみてください。そうすればより二人の距離が縮まります。

女教皇の逆位置が意味するものと推測される相手の気持ち

知的で聡明なイメージの女教皇ですが、逆位置になるとそれがかえって仇となります。イライラなどのヒステリーや疑心暗鬼、不信感など、悪い方へ考えが傾くのが女教皇の逆位置です。両思いの人の場合は相手が自分の言葉に対して不快に感じていたり、或いはあなたのヒステリーに少し嫌気を感じている危険性があります。

相手に誤解や不信感を抱かせない為にも言葉には気をつけて相手を信頼し、立てるようにしてあげてください。片思いの人の場合はあなたの事を恋愛対象に考えていない可能性があります。あなたの聡明さが相手にはワガママに映っている危険性が高いですから、常に笑顔で接して優しい雰囲気を醸し出すようにしてください。