独自基準Radix

らでぃっしゅぼーやでは、安全性を追求した、らでぃっしゅぼーや独自のRadixという基準を設けており、その基準に則って事業を展開しています。この独自基準であるRadixを支えているのは、6つの約束です。安全でおいしいこと・持続可能で環境に優しいこと・情報が公開されていること・生産者とのパートナーシップ・買いやすい価格帯であること・たゆまぬ代案提示…の6つです。

安全でおいしいことといいうのは、農薬・飼料・添加物・製造方法、そして素材…などの安全性を厳しくチェックするほか、本来の各食品が持っている味や香を持った、美味しい商品を提供することも重視しているということです。持続可能で環境に優しいことというのは、農薬を使うことで起こる農地や周辺への環境汚染や、容器・包装サイクル・焼却時の有害物質の発生…といった問題を考慮し、できる限り、環境に負担がかからず、かつ持続可能な生産を目指しているということです。情報が公開されていることというのは、農薬の使用状況はもちろんのこと、産地・商品の情報を隠さずに利用者へ公開しているということです。生産工程・使用した原材料など、情報を明確にできる商品だけを取り扱っており、不透明な商品は一切販売されていません。また、必要に応じて、情報を遡ることができる仕組みも構築されています。生産者とのパートナーシップというのは、一時的なものではなく、継続的により良い商品を生産することができるよう、生産者やメーカーと、お互いを高め合える関係を構築することにより、利用者を含めた三者が、互いに満足しあい、信頼しあえる関係を大切にしているということです。買いやすい価格帯であることというのは、商品の原料・製法・環境負荷の低減…などにこだわるだけでなく、利用者が継続的に利用することができるような価格帯を目指しているということです。確かに、どんなに安全・安心できる食品であっても、非常に価格が高いのであれば、購入したくても購入することができませんよね。低価格…とは言い切れませんが、それでも、常に購入しやすい価格帯で提供することも、らでぃっしゅぼーやでは大切にしています。そして、たゆまぬ代案提示というのは、伝統野菜の復活・生ゴミを資源として利用することができる環境システムの確立・アレルギーやアトピーに対応した商品の開発…など、様々な角度から、今以上に良い暮らしができるような代案を提示しているのです。

…これらからも判る通り、らでぃっしゅぼーやの基準は非常に高いですよね。利用者が望むこと全てが、この6つの約束に集約されているといっても過言ではありません。

らでぃっしゅぼーやでは、使用を禁止、または制限している農薬は全てリストに表示されています。禁止・制限されている農薬を使用していないかを検査し、そしてて、そのリストに存在する農薬が使用されていた場合は、対象となる農家は出荷をストップしなければなりません。このらでぃっしゅぼーやで徹底して制限されている農薬の基準は、実は国が定めている基準よりも厳しくなっています。現在、国で承認されている農薬は、520種類ほどとなっていますが、らでぃっしゅぼーやでは、そのうちの113種類を禁止としているんですね。また、加工食品に関しても、食品添加物は、製造する上で必要不可欠なもののいを使用しており、それ以外は一切使用していません。しかも、その最低限使わなければならない食品添加物についても、基準委員会にて許可が降りた添加物のみを使用しています。もちろん、それらについてもリストで表示されていますので、誰でも自由にリストをチェックできるようになっています。

なお、らでぃっしゅぼーやでは、安全でおいしいことはもちろんのこと、環境・生産者の労働環境に配慮した商品も扱っています。フェアトレード・スローフード・レインフォレストアライアンスが、それに該当します。フェアトレードというのは、フェア(公正・搾取しない・正当な対価)・グリーン(相手国の環境を壊さない)・グラスルーツ(多国籍企業や仲介人を介在しない民衆交易)・ピープル to ピープル(それぞれに携わる人々と、顔が見える関係を築き上げる)・インディペンデント(相手国の人々の自立支援)・セーフティ(農薬の使用などを極力抑え、安全なものを作る)…といった、6か条を設けることにより、どこにポイントをおいた商品であるかをそれぞれ確認した上で、取り扱うのです。

スローフードというのは、スローフード=その土地の伝統的な食文化・食材を見直す運動、またはその食品そのもの…という意味ですが、そのスローフードの考え方を基にして食品を全国各地で見出し、地域フェアを通して地域単位で紹介したりするほか、安定的に供給することができるものは、その取扱いも紹介しています。基準としては、その土地の産物であること・素材の質が良いこと・その土地の風土や風習を活かした生産方法を行っていたり、郷土料理や伝統的な製造方法を守ること・子供たちを始めとする消費者全体に対し、味の教育を進めること…が設けられています。

レインフォレストアライアンスとは、熱帯雨林同盟といい、らでぃっしゅぼーやでは、地球環境向上を目的に、熱帯雨林を維持することを目的としたNGOのレインフォレストアライアンスの下、ラテンアメリカ農業維持ネットワークと連携することで基準を策定し、そしてその基準をクリアしている農園を認定して、そこから生産された商品に認定レベルを付けることを認めています。認証の基準としては、従業員の労働環境に配慮された農園であること・環境保護や自然保護、自然の植生に配慮しているシェードツリー農法であること・農薬や化学薬品など、禁止されたものは一切に使わず、また使用するにしても、必要最低限な量であること・環境に悪い影響を与える廃棄物の削除を行っていること…が挙げられています。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。