エイジングケアはスキンケアで保湿するだけでなく、肌を乾燥させないよう普段の食生活や生活習慣を見直し、改善することも大切です。不摂生な生活を続けていたり、栄養バランスの乱れた食事、寝不足、溜まったストレスなどは、肌を乾燥させる原因にもなります

エイジングケア

エイジングケアで、肌を保湿させることは最低限必要なことです。肌を保湿させる=肌を乾燥させない、ということですよね。肌が乾燥した状態が続いていると、シミやシワ、たるみ、くすみ、ニキビ…など、ほぼ全ての肌トラブルの原因となってしまいます。乾燥した肌は、水分や皮脂が不足してしるということです。肌が乾燥しているということは、外気からの刺激を守るための肌のバリア機能が低下しているということにもなります。バリア機能が低下していれば、様々な刺激をダイレクトに受けることになりますから、肌にとって良い環境であるとは言えませんよね。エイジングケアでしっかり保湿することで、肌の老化や肌トラブルを防ぎ、健康で若々しい肌へと導いてくれるのです。

エイジングケア用のスキンケア化粧品には、多くの保湿成分が含まれています。保湿成分は、ビタミンCやコラーゲン、ヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)、プラセンタ、その他植物天然保湿成分…などが挙げられますので、これらの成分が多く配合されているスキンケア化粧品を使用して下さい。注意したいのは、ビタミンCといっても、肌に浸透しなければ意味がありません。浸透しやすいよう、ナノ化されていたり、高濃度ビタミンCやビタミンC誘導体など工夫されているものを選んで下さい。

また、エイジングケアはスキンケアで保湿するだけでなく、肌を乾燥させないよう普段の食生活や生活習慣を見直し、改善することも大切です。不摂生な生活を続けていたり、栄養バランスの乱れた食事、寝不足、溜まったストレスなどは、肌を乾燥させる原因にもなります。きちんとスキンケアを行っていても、乱れた生活を送っていては、意味がありません。スキンケアと毎日の過ごし方がエイジングケアでは大切なことです。エイジングケアでしっかり肌を保湿させることで、肌本来が持つターンオーバー機能も正常に働き、理想の美肌、美白に近づけると思いますよ。

エイジングケアでシミ予防

エイジングケアを行ない、解消した肌トラブルの1つに、シミが挙げられます。エイジングケアのなかには、美白ケアが含まれていると思いますし、美白ケア=シミ予防のためのケアといっても過言ではありません。シミが1つでもあると、美しく白い肌にはなれませんし、また出来たシミを消すのはそう簡単ではありません。そのため、エイジングケアでは、シミが出来る前に徹底的に予防する必要があります。

実際、エイジングケアに効果のあるスキンケア化粧品などには、シミ予防のための美白成分を含んだものが多くありますしね。そもそもシミというのは、皮膚にあるメラノサイトが何らかによって刺激されることでメラニン色素が生成し、そのメラニン色素がターンオーバーで排出されずにその場に留まり、色素沈着を起こすことで出来てしまいます。

メラニン色素は何度も酸化反応を起こすため、色もだんだんと濃くなっていくのです。メラノサイトを刺激する何か…とは、紫外線やホルモンバランスの乱れや、ストレス、活性酸素など幾つか挙げられます。特に紫外線はシミの天敵であり、他の肌トラブルの原因にもなりますから、エイジングケアで紫外線対策を行うことは必須です。

しかし、メラノサイトが全く刺激されず、メラニン色素が生成されない…という状態はまずありえません。どんなに紫外線を防止していても、ストレスは気づかぬうちに溜まっていくものですし、ある程度は生成されるものだと考えて下さい。メラニン色素は、刺激から肌を守ろうとして生成されるものなので、一概に悪い存在というわけでもないんですよね。

それに、正常な肌ならば、ターンオーバーが正しく機能されているので、メラニン色素が生成されても、ターンオーバーによって次第に排出されていくものなのです。ということは、エイジングケアでシミ予防をするためには、なるべくメラノサイトを刺激しないよう、メラニン色素が生成されないように心がけ、更にターンオーバーを正常に機能させることが重要であると言えます。

エイジングケアで美白予防をする場合は、美白成分が配合されているスキンケア化粧品を使って毎日のケアを行い、紫外線対策を徹底し、食生活や生活習慣を見直し、改善することが大切であるということです。

アンチエイジングはサプリで!サプリなら飲むだけで老化防止!

アンチエイジングには様々な方法がありますが、老化防止に効果的なサプリメントを飲むのが最も簡単。アンチエイジングには身体の内側から若返らないと意味が無いのです!

続きはこちら